お知らせ 院長ブログ

顎関節症について

顎関節症とは

「顎関節症」と、聞いたことがある方も多いと思います。ひらしま接骨院・鍼灸院へお越し頂く患者様の中にも肩こりや頭痛でいらっしゃる方がおりますが、原因を調べると顎関節症だったとい事があります。それだけ身近な顎関節症とはどのようなものでしょうか。

 

顎関節症はどのような症状?

顎関節症の症状は、・口が大きく開かない・口を開けるとガクッと音がする・痛みが出る・硬いものを噛めないというような症状です。原因は様々ですが、主な原因と言われているものは心因性によるもの・咬合不全が考えられます。ストレスによる歯ぎしりや筋肉の緊張によって顎関節症になることがあり、咬合不全は噛み合わせが悪い場合に顎に症状が出ます。元々の顎に原因がある場合や生活習慣で頬杖をつく、片側の歯でものを噛む、うつ伏せで寝るなどが原因で起こることもあります。

 

顎関節とは

顎関節とは入り組んだ形をしており、下の顎である下顎骨、上の顎である上顎骨、関節と関節の間にある関節円板に咀嚼筋と呼ばれる顎周りの筋肉で構成されております。この咀嚼筋は食べ物を噛む際や歯を食いしばる時に動く力の強い筋肉ですので強力な緊張力を持っています。

 

顎関節症になったら

もし自分が顎関節症であると思われる場合はお早めにご相談ください。放っておくと肩がこる、頭痛がする、首が痛むなどの症状が出ることもありなかなか改善がみられず時間を要することがあります。ひらしま接骨院・鍼灸院では顎関節症の施術に力を入れておりますのでお悩みをご相談下さい。

・カウンセリング

→顎関節症となる原因を日常生活からお伺いします。癖や寝る時の姿勢などをお聞かせください。

・検査

→検査では顎の動きを確認致します。また、左右差を見たり、引っ掛かりがないかなど細かく見ていきます。姿勢が悪い、猫背がある場合なども顎関節症なることがありますので注意が必要です。

・施術

→咀嚼筋を緩めるために整体マッサージや鍼灸施術を行います。顎の歪みは手技による矯正で顎周りを始めお顔全体の歪みを施術していきます。痛みのない施術ですのでご安心下さい。

・施術後の確認

→顎関節症の施術は1度目で動きの変化を感じることが出来ます。ですが週に1回~2回程度のペースで2カ月~3カ月程度の回数が必要となります。その間にも日常生活で悪化することがないように硬いものを噛むことを避けたり、姿勢を正すように指導して参ります。

 

小岩地域で顎関節症にお悩みの方はひらしま接骨院・鍼灸院へご相談下さい。相談のみ、ネット予約も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

-お知らせ, 院長ブログ

Copyright© ひらしま接骨院・鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.