坐骨神経痛

このようなお悩みはありませんか?

  • 腰痛が慢性的になっている
  • 片方のお尻が張る、痛む
  • 足に痺れや鈍痛がある
  • 足がだるい、つる

これらの症状がある方は坐骨神経痛の恐れがあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛には原因があり、病名ではなく症状名のことをいいます。なぜ腰が痛くなったりお尻や足が痺れたりだるくなったりするのかというと、腰から出ている神経(坐骨神経)を圧迫している原因が考えられるからです。

例えば、ヘルニアがある、椎骨と椎骨の間が狭い、腰、お尻周りの筋肉が緊張し神経を圧迫しているなど、なんらかの原因があり神経を圧迫していると、その神経から足先に向かって痛みや鈍痛、痺れを感じます。

坐骨神経痛は慢性化しやすく、放っておいてもなかなか症状が緩和されません。また、原因が定かでないまま施術を受けることをお勧めしません。

なぜかというと、うつ伏せで施術を受けていたら立てなくなってしまったり、ヘルニアがあるのに気づかないまま強い刺激のマッサージを受けていた、ストレッチを我慢しながら続けていたなど、正しいアプローチをしないと悪化してしまうことがあるからです。

原因を知る為にはまず検査を行いましょう。当接骨院では、ヒアリングからお客様の症状を想定し、関節の動きや痺れる箇所や痛む場所などを特定し坐骨神経痛の原因を見極めます。

そのうえで適切な施術を行っていけば必ず症状は緩和されていきます。

鍼施術風景

坐骨神経痛へのアプローチ

特徴1

腰部、臀部のマッサージ・・腰部、臀部へ対し緊張している筋肉を和らげます。力加減が重要です。

 

特徴2

鍼灸施術・・坐骨神経痛に鍼灸施術が効果的であることがあります。深い部分まで筋緊張を和らげます。

 

特徴3

温熱・電療・・血流促進と神経の回復をはかります。

 

特徴4

骨盤矯正・・骨格に原因がある場合は矯正を行います。アクチベーターやブロック矯正で痛みのないソフトな矯正です。

 

ひらしま接骨院・鍼灸院では、過去に多くの坐骨神経痛の施術を行ってきました。学生さん~ご年配の方まで坐骨神経痛でお悩みの方は老若男女問わずお越し頂いております。

的確な施術を行わないと、かえって痛みが増してしまうことがありますので、坐骨神経痛でお悩みの方、もしかして自分の症状は坐骨神経痛かもしれない、と、お悩みの方はぜひご連絡下さい。

親切丁寧にお客様の症状と向き合います。

 

 

〒133-0057

東京都江戸川区西小岩3丁目21-29メゾン・カツミ101

JR総武線「小岩駅」北口より徒歩6分

ひらしま接骨院・鍼灸院

代表 平嶋 伸明

受付時間

※土曜日の午後の受付は14:00~16:00まで

【定休日】日曜・祝日

予約優先制

電話予約

ネット予約

Copyright© ひらしま接骨院・鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.