院長ブログ

交通事故による「むち打ち」でお悩みの方へ

本日は、小岩地域で交通事故による「むち打ち」でお悩みの方へひらしま接骨院・鍼灸院の施術をご紹介いたします。

むち打ちとは?

むち打ちとは、交通事故の衝突や追突などで力が加わった時に、頚が鞭のようにしなったためにおきた頚部外傷の総称です。

頚椎捻挫型・神経根損傷型・脊髄損傷型・自律神経障害型・脳脊髄液減少型があります。

むち打ちは事故の後、遅れて症状が出る場合があります。また、負傷の程度によっては痛みやしびれなどが長く残る場合もあります。

事故後、頚や肩・腕などに症状が出たら、まずは速やかに医療機関で診察を受けましょう。

むち打ちの症状は?

代表的な症状  ・頚の痛み ・肩や背中の張り ・頭痛 ・腕や手のしびれ ・めまい ・吐き気 ・だるさ ・耳鳴り など

ひらしま接骨院・鍼灸院のむち打ちの施術

カウンセリング

まずは事故の状況・怪我の程度や痛みの範囲などじっくりお話を伺います。

検査

どの部分にどのような動きで痛みが出るか、前屈・後屈・回旋を確認します。

また、手のしびれの有無や腕の挙げやすさなども確認させていただきます。

施術

低周波:筋肉や神経に弱い電流を通し痛みの軽減や血流向上を目的とします。

手技療法:整体マッサージやストレッチで筋肉の緊張を和らげます。ソフトな刺激ですので安心して受けて頂けます。

スーパーライザー:近赤外線を星状神経節に照射する事により交感神経の過緊張を和らげます。

超音波:新陳代謝を促し、患部の腫脹や内出血の吸収を早めます。

鍼灸:深層の患部にアプローチが必要な場合に施術します。

 

以上の施術を症状に合わせて行い、一日でも早い回復を目指します。

 

 

 

 

 

-院長ブログ

Copyright© ひらしま接骨院・鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.